ADD・ADHD、薬物と副作用について

ADD/ADHDの薬物治療と、その副作用

薬物について詳しくない方が、大切なお子様のADD/ADHDに対して薬物治療を選択するのは難しい決断だと思います。正しい判断をするために必要なのは、薬についての幅広い知識を持つこと。医師によって処方された薬は、もちろんADD/ADHDの症状に有効です。しかし「障害を治す」というよりも、「症状を一時的にコントロールする」ためのものであることを認識すべきです。

 

治療薬は万能ではない

 

ADD/ADHDの治療薬は集中力を高め、衝動性のコントロールや計画性の向上・安定が期待できます。しかし、すべての人に薬の効果が正しくあらわれるわけではありません。たとえ効果があっても、すべての症状や問題を完全に解決できるわけでもありません。

 

また、きちんと薬を飲んでいてもADD/ADHDを持った子どもは物忘れをしがちであり、精神的にも不安定になることが多々あります。成人であっても整理整頓ができず、気が散りやすく、人間関係がうまくいかないという場合もあるのです。

 

薬物治療によって一時的に状況が改善することもありますが、飲んでいないときは治療前の症状や問題が再びあらわれてしまいます。また、ADD/ADHDの治療薬の効果には個人差があり、薬によって非常によい結果が出るケースもあれば、やや助けになる程度であまり効果がないケースもあるのです。

 

ADD/ADHDの治療薬は万能ではありません。専門家である医師の指示に従って、様子を観察しながら使用することが重要です。適切な方法で薬を使用しなければ、希望する結果を得ることが難しくなるばかりか、リスクを伴います。

ADD/ADHD治療薬の種類

 

ADD/ADHDの治療薬は、大きく「中枢神経刺激薬」と「非中枢神経刺激薬」の2種類に分けられます。ADHDの治療のために医師がもっとも多く処方するのは中枢神経刺激薬です。

中枢神経刺激薬 非中枢神経刺激薬
主な薬物 リタリン、コンサーター、アデラール、デキセドリンなど ストラテラ、ウェルブトリン、トフラニールやノルエピネフリン
効果 脳のドーパミンレベルを高める役割を果たす ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)に作用する
副作用 イライラ、落ち着かない、不眠、食欲低下、頭痛、吐き気、易怒性、精神的に不安定、うつ、めまい、くらくらする、心拍が異常に高まる、チック症状 など 易疲労、便秘、口渇、目の焦点が合わなくなる、胃痛、吐き気、イライラ、衝動的行動 など
その他 人格が変わったように引きこもってしまい、無関心、頑固、無気力といった状態になる。強迫神経症のような状態になる例もある。 活発的行動の治療に対する効果はあまり期待できない。躁鬱(そううつ)状態である場合や、十代以下のうつ状態の場合、投薬によって自殺衝動や自殺行動につながった例もある。

【用語解説】
※ドーパミン
ドーパミンは神経伝達物質(脳からの信号)のひとつであり、ADDやADHDの方の症状コントロールに役立ちます。
※ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)
ストレスや低血圧に対する反応として副腎から放出される物質で、神経伝達物質とホルモンの両方の作用があります。

治療法選びは慎重に

 

上記の効果や副作用をご覧いただければわかるように、ADD/ADHDの治療薬にはリスクが伴いますので、服用を軽々しく決められることではありません。また、薬物の使用で効果が出てもあくまで一時的なものであり、投薬を止めれば症状は元に戻ってしまうのです。

 

インプルーブがお勧めする「IMトレーニング(インタラクティブ・メトロノームトレーニング)」は、薬物に頼ることなくナチュラルな方法でADD/ADHDの症状を緩和する働きかけができます。IMトレーニングによる症状の改善は永続し、身体や精神に害を及ぼす心配はありません。薬物以外の改善法をお考えならインプルーブにご相談ください。